看護師バイト メリット デメリット

看護師の単発バイト求人は1日単位~といった募集案件も多いため、空いた時間を有効に使える、と人気がある働き方となります。

オススメ人材会社

バイトのメリットとデメリット

 

イメージ

バイトとして働く看護師のメリットとデメリットを考えてみます。

メリットは、やはり何と言っても時間に融通が利くことです。

常勤だと、きっちりと勤務時間が決められていて、夜勤もローテーションで回ってくる病院も少なくありません。

育児や家事との両立をしなければならない人や、親の介護をしなくてはならないというような状況の人でも、自分が空いた時間を利用して働くことができます。

「この時間帯でしか働けない」、「夜勤はできない」、「夜勤でしか働けない」というような条件でも、希望を考慮して雇用してくれる病院は多くあります。

また、短期間での募集、単発でのバイトの募集もありますので、忙しい人でも勤務できる条件が揃っている求人情報がたくさんあるのです。

そして、他のバイトと比べて、看護師のバイトは専門性も高く、資格が必要である為、時給がいいのです。

夜勤のバイトなると、一晩で2~3万円の給料が支払われるでしょう。

バイトのメリットとデメリット

 

けれども、デメリットもあります。

常勤のように、雇用が安定していないという事です。

仮に、病院の経営が悪化した場合に、真っ先にクビを着られるのはバイトです。

そして、社会保険などの保障が完備されていなかったり、どんなに頑張って仕事をしても、ボーナスや報奨金などは支給されないことがほとんどです。

バイトであるために、責任ある仕事は任されなかったりすることもあるので、人を助けるために働くことでやりがいを感じる人にとっては、物足りなさを感じる職場もあるようです。

このようなメリットとデメリットをふまえて、看護師のバイト求人を探すなら、人手不足である医療業界ですから、求人情報はたくさんあるでしょう。